« 糖尿病性腎症研究グループ | メイン | IgA腎症研究グループ »

2013年2月16日 (土)

特殊血液浄化療法グループ (2013/02/16)

「ANCA関連血管炎に対する血液浄化療法」
ANCA関連血管炎は顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、アレルギー性肉芽腫性血管炎、腎限局型血管炎の4疾患があります。好中球は、感染症や炎症惹起により活性化されると細胞内分子のMPOやPR3を細胞表面に表出し、MPO-ANCAやPR3-ANCA抗体のFabが結合し、それに呼応してFc受容体が反応して好中球をさらに活性化すると推定されています。MPOがMPO-ANCAの対応抗原であることはMPO欠損マウスを用いて裏付けられています。このような病態に対して、ANCAを除去する血漿交換療法、活性化好中球を除去するcytapheresisは有効性が期待できると考えられます。当科ではわが国で頻度が高いMPO-ANCA関連血管炎に対する血液浄化療法についての臨床研究を行なってきました。
「骨髄腫腎に対する血液浄化療法」
多発性骨髄腫は、その約半数が経過中に何らかの腎障害を合併します。形質細胞から産生される免疫グロブリン単クローン性蛋白の尿中排泄に起因するmyeloma cast nephropathyが最も高頻度に認められ、狭義の骨髄腫腎と呼ばれます。免疫グロブリン軽鎖は重鎖より約40%多く産生されるため重鎖と結合せず余剰となった軽鎖は遊離軽鎖(free light chain、FLC)として血清中に放出されます。骨髄腫腎ではFLCがTamm-Horsfall蛋白と結合し、遠位尿細管や集合管内で凝集してcast形成を起こして尿細管を閉塞します。閉塞以外に、FLCが尿細管上皮細胞内への取り込まれることにより、IL-6、IL-8、TNF-αなどの炎症性サイトカインが誘導される機序などが提唱されています。骨髄腫腎により急激に腎機能が悪化する場合、FLCの血中濃度、尿中排泄量を低下させることが腎機能改善のために不可欠です。治療の基本は化学療法ですが、化学療法が奏功するまでの期間、血液浄化療法によりFLCを除去することで、FLCによる腎毒性を軽減させることが期待できます。当科では骨髄腫腎に対する血液浄化療法の研究を行なっています。
【Publications】
Comparison of free light chain removal by four blood purification methods. Kanayama K, Ohashi A, Hasegawa M, Kondo F, Yamamoto Y, Sasaki M, Hayashi H, Kato M, Hattori R, Yamashita H, Arai J, Ishii J, Emi N, Yuzawa Y. Ther Apher Dial. 2011 Aug;15(4):394-9.
Evaluation of blood purification and bortezomib plus dexamethasone therapy for the treatment of acute renal failure due to myeloma cast nephropathy. Hasegawa M, Kondo F, Yamamoto K, Murakami K, Tomita M, Nabeshima K, Nakai S, Kato M, Ohashi A, Arai J, Hiki Y, Ishii J, Emi N, Sugiyama S, Yuzawa Y. Ther Apher Dial. 2010 Oct;14(5):451-6.
Effects of cytapheresis on tumor necrosis factor receptor and on expression of CD63 in myeloperoxidase--antineutrophil cytoplasmic autoantibody-associated vasculitis. Hasegawa M, Nishii C, Kabutan N, Kato M, Ohashi A, Nakai S, Murakami K, Tomita M, Nabeshima K, Hiki Y, Oshima H, Sugiyama S. Ther Apher Dial. 2007 Oct;11(5):337-40
Cytapheresis for the treatment of myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic autoantibody-associated vasculitis: a pilot study of 21 patients. Hasegawa M, Ohashi A, Kabutan N, Hiramatsu S, Kato M, Murakami K, Tomita M, Nabeshima K, Hiki Y, Sugiyama S. Ther Apher Dial. 2006 Oct;10(5):412-8.
Treatment with cytapheresis for antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis and its effect on anti-inflammatory factors. Hasegawa M, Watanabe A, Takahashi H, Takahashi K, Kasugai M, Kawamura N, Kushimoto H, Murakami K, Tomita M, Nabeshima K, Oohashi A, Kondou F, Ooshima H, Hiki Y, Sugiyama S. Ther Apher Dial. 2005 Aug;9(4):297-302
Efficacy of granulocytapheresis and leukocytapheresis for the treatment of microscopic polyangiitis. Hasegawa M, Kawamura N, Murase M, Koide S, Kushimoto H, Murakami K, Tomita M, Hiki Y, Shikano M, Sugiyama S. Ther Apher Dial. 2004 Jun;8(3):212-6.
Cytapheresis for the treatment of myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis: report of five cases. Hasegawa M, Kawamura N, Kasugai M, Koide S, Murase M, Asano S, Toba T, Kushimoto H, Murakami K, Tomita M, Shikano M, Sugiyama S. Ther Apher. 2002 Dec;6(6):443-9.

このページのトップへ