« 先輩講師インタビュー(2)高橋和男 | メイン | 先輩講師からメッセージ(1)湯澤由紀夫教授 »

2012年4月23日 (月)

先輩講師インタビュー(1)長谷川みどり教授 (2012/04/23)

Staff_hasegawa3

いつも笑顔の長谷川みどり先生。
女性医師が仕事を続けていく際に腎臓内科には「働き方のメリット」もあるようです。

Q1.長谷川先生にとってのやりがいを教えてください。

患者さんやご家族と治療をすすめていって病状が良くなると「良かったな」と思い、それがやりがいにつながっています。一方で医療の限界を感じるような症例と向き合った時は自分の無力さを痛感しています。
また、研究を継続していくことも大切だと考えています。患者さんにとって切実な想いを実現するための糸口を見つけたいという気持ちで臨床研究に取り組んでいます。
大学病院ですので研修指導などを通して、若い先生や学生から刺激をいただくことも多いです。とても恵まれた環境で仕事をさせていただいています。


003_5 Q2.女性医師からみて、働く場所としての腎臓内科の魅力を教えてください。

女性の場合は出産や子育て時のように、仕事と生活のバランスを変えたい時期があると思います。
その点、腎臓内科はさまざまな働き方があります。仕事中心の形にすることも出来ますし、子育ての時期等は生活中心の形にすることも出来ます。
それが魅力の1つではないかと思います。

このページのトップへ